第1章 総則 

 

 

第1条  本会は日本生態学会九州地区会という。

 

第2条  本会は九州地区における生態学の進歩と普及をはかることを目的とする。

 

第3条  本会はその目的を達するために、つぎの事業を行う。

  i )  年1回の地区大会を開催し、その他随時に学術講演会、例会などを開催する。

 ii) その他本会の目的に適する事業を行う。 

 

 

第2章 会員 

 

 

第4条  本会の会員は正会員および準会員の2種類とする。

  i ) 正会員は原則として九州地区に在住する日本生態学会員

 ii ) 準会員は原則として九州地区に在住し、本会の趣旨に賛同するとともに

       所定の会費を納める個人

 

第5条  本会に入会を希望するものは、地区会長あて、住所、職業(所属機関)を記入した

入会申込書に1年分の地区会費をそえて提出しなければならない。

 

第6条  退会しようとするものは、地区会長あて退会届を提出しなければならない。 
ただし、すでに納めた地区会費は払いもどさない。

 

第7条  会員はつぎの権利をもつ。

  i )  地区会報または印刷物の配布。

 ii ) 本会の会合に出席し、研究発表、講演をおこない意見をのべること。

iii ) 本会の事業、運営に関し、地区委員会に対し、または地区総会において、意見をのべること。

 iv)  正会員は本会の会長・委員を選出し、またはこれらに選任されること。

 

第8条  会員はつぎの義務を負う。

本会の会則を守ること。(一年以上の会費の滞納そのほかの理由により会の運営を妨げた
ものを認められる場合は委員会の決議により退会させ、または除名することができる。) 

 

 

第3章 役員 

 

 

第9条  本会につぎの役員をおく。

  i ) 会長  1名

 ii )  委員  若干名

 

第10条  会長および委員は会長の互選(会長は単記無記名、委員は連 記無記名) 
によって定める。その任期は2年とし重任してもよい。ただし、会長の重任は3回をもっ

限度とする。 
 

昭和41年度総会決定:正会員20名以下の県は委員1名、20名を越した場合、増員分については

10名を1区切りとして委員1名を増加する。 
 

 

第4章 機関 

 

 

第11条  本会につぎの機関をおく。

  i ) 総会

 ii ) 委員会

iii ) 事務局

 

第12条  総会は会の最高決議機関であり、会務報告そのほか重要事項を議決する。会長は

毎年1回これを召集しなければならない。但し、委員会が必要を認めまたは会員の三分の一以上

から請求があったときには会長は臨時に総会を召集しなければならない。総会は正会員の過半数(委任状を含む)の出席を以て成立し、議事は出席正会員の過半数をもって決定する。

 

第13条  委員会は会長および委員で構成し、会長が議長となる。委員会では会の運営 
方針を審議する。ただし、緊急事項は総会に代わって決定することができるが、次回総会 
において承認を得なければならない。委員会は会長がこれを召集する。ただし、委員の三 
分の一以上の申出があった時には開催しなければならない。委員会は委員の過半数(委任 
状を認める。)の出席をもって成立し、議決は出席委員の過半数をもって決定する。

 

第14条  事務局は会長を助けて会務を運営する。その設置場所は会長の所在地をする。 
 

 

第5章 会計 
 

 

第15条  本会の経費は地区会費とそのほかの収入をもってあてる。

 

第16条  本会の会計年度は毎年1月1日に始まり、同年12月末日に終る。

 

第17条  会長は事業年度間の収支決算をつぎの総会に報告して、その承認を受けなけ 
ればならない。 
 

 

第6章 雑則 
 

 

第18条  会則の変更には総会において出席正会員の三分の二以上の賛成を必要とする。 

 

 

付則 

 

第1条  地区会費は当分の間年額700円とする。